JC EM:カンボジア初「デジスタ」@JCグループ

タイトル背景

2014年07月08日

本年3月に開催されたカンボジア初の「ロボコン(ロボット・コンテスト)」に 続くプロジェクト第2弾、カンボジア初の「デジスタ(デジタル・スタジア ム」)」のワークショップが弊社オフィスにて本日開催されました。



「デジスタ」とはNHKの番組「デジタル・スタジアム」および「デジスタ・ ティーンズ」の略称。

そのNHK発のコンテンツである「デジスタ」が、「ロボコン」同様アジアに広が り、アジアの若い世代を応援するプログラム『ABUデジスタ・ティーンズ』が 生まれました。

アジア各国で開催されるワークショップでは、その国のトップクリエーターのア ドバイスを受けながら、多くのアジアの子どもたちが、アート表現に挑戦します。

今回カンボジア初開催となる「ABUデジスタ・ティーンズ・カンボジア2014」 では、弊社JC Enter-Mediaの中村英誉をアドバイザーに選んで頂き、また弊社プ ノンペンオフィスをワークショップ開催会場に選定頂きました。



NHK取材班も、はるばる日本から、本プログラムのドキュメンタリー番組撮影取 材のためにお越し頂きました。



「デジスタ」は元々、視聴者が番組にデジタル・アート作品を投稿し、第一線で 活躍するプロから、批評・アドバイスを受けることで、日本の映像文化を担う若 手クリエイターを支援していこう、という趣旨の番組。

『ABUデジスタ・ティーンズ』は、アジアの若い世代に、デジタル・アート作 品を楽しみながら、デジタル時代の新たなメディア・リテラシーを学んでもらう プロジェクトです。



そのなかから選ばれた各国代表の“チャレンジャー” たちがデジタルアート作品 を制作し、インターネット回線で結ばれたイベントで紹介されます。

カンボジア初ロボコンに続き、カンボジア国営テレビも全面協力の本プロジェク ト、副局長(Deputy Director General)自ら開催のご挨拶に駆けつけてください ました。

カンボジア国営テレビではすでに放映された本ワークショップ。
ロボコンに続き、弊社としてもプロジェクト成功に向け全力で協力させて頂いて おります。



今回アドバイザーとしてカンボジア人学生達を指導させて頂く弊社アートディレ クター中村のブログ(以下)もあわせてご一読頂けますと幸いです。
http://hidehomare.com/post/91655848595/abu

Copyright (C) 2008 JC Holdings Co.,ltd. All rights reserved.