なぜカンボジアなのかWhy in Cambodia

タイトル背景

カンボジアは、1991年のパリ和平協定により内戦が終結し、1国際連合カンボジア暫定統治機構.(UNTAC)管轄のもと1993年に実施された総選挙を経て、「カンボジア王国」として再出発しました。

その後、1998年及び2003年の総選挙を経て成立した現カンボジア政府は、様々な課題を抱えながらも安定した政権運営を行い、政治経済ともの安定軌道に乗りつつあります。

JC Groupは、下記の観点から、この新興国カンボジアに大きなビジネスポテンシャルの存在を 確信しております。

短期的なメリット享受 → 低コスト&税金メリット

  • ・まだまだ安い人件費
  • ・外資誘致のための税制恩典

長期的な戦略の布石 → アジアの生産・物流拠点

  • ・生産・物流拠点としての東南アジア
  • ・東アジア大動脈の要衝 (南部経済回廊)

日本企業・日本人としての動きやすさ

  • ・官民あげての親日国
  • ・外資規制や内国優遇ルールがほぼない

JC Groupは、カンボジアにおいて最もポテンシャルが大きい市場分野に対し、日本企業のノウハウ・技術・投資を持ってアプローチを図ります。

Copyright (C) 2008 JC Holdings Co.,ltd. All rights reserved.